うまいもの工房・加護や

www.kago-ya.com/hashi-bijin/vol10.shtml

箸美人
箸美人 Vol.9
箸美人 Vol.11

箸美人 Vol.10

発見、お箸の文化

食に対する美の探究として器(うつわ)や、盛り付けなどという要素があります。それに加え、私たちはお箸の文化に着目しました。当店に、お出でになったお客様から、素敵なお箸の使い手を、ご紹介いたします。

林 由香里さん
「ちょっとお洒落してきたいとこですね」

とう粋庵は、和の雰囲気でとてもくつろげる空間です。一人で来ても癒されるところです。ゆっくり大好きなワインを飲み、美味しいものをいただくことが、今の私には唯一の楽しみです。「今日は穏やかな気分なのでやさしいワインを」とお願いすると、素敵なソムリエの方がぴったりのものを出してくれます。季節のもの、日本古来のもの、など時期に合わせて店内は飾られています。先日もお雛様が入口に、五人ばやしは棚の上に……と、お人形たちがとても楽しそうでした。今度来るときは、ちょっとお洒落をして……それとも着物にしようかな……。

「お箸は美しく……」

お箸を手にとる時は、右手で取り左手にもたせ、右手にきちんと持ち替えます。置く時も左手に持ち右手で置きます。それだけでとても仕草が美しくなります。居酒屋ではそうもいかないのですが、なぜか、とう粋庵だと美しい仕草か似合います!美しい女性をめざして……。

その後、何度か着物で着ました。やはりいいですね!

ソムリエ・上田の一言

言葉の微妙なニュアンスから、ちょっとこの辺の方ではないかな?と思い聞いてみると、やはり関西出身。お、私と近い……。お子さまは3人もう成人されているとのこと。えーっと思ったら、5歳の孫もいる……もう、びっくりです。スッ!と伸びた首筋、バレリーナのプリマドンナのよう。いつもスタイルよくさっそうと現れます。洋服サイズもお嬢様とぴったり同じで、共有で着まわしができるとおっしゃいます。趣味のコーラスでのヴォイストレーニングの成果で、腹筋も鍛えられているのでしょう。若々しくいられる秘訣はこの辺かもしれません。先日は、第1回の加護や倶楽部ボーリング大会でも大活躍され、腰抜け男性陣を尻目に、見事優勝を勝ち取られました。どうしてこうも目立つ方は、何をやっても目立つのでしょう?しかし、林さんがご来店されると、お店は急に華やいだ感じになります。これからもずっと、お店に華を添えていただけるような存在でいてください。

さて、本日、お召し上がりいただいたのは、前菜五点盛り / 奥久慈軍鶏梅肉和え / 鴨の菜花巻き / フォアグラ豆腐 / りんごと薩摩芋のクリームチーズ和え / 姫さざえの旨煮 / 北海道産真蛸のお刺身 / 生湯葉と雲丹のお刺身、ワインは、Ch.ル・ブルディロ 2000 と DOMAINE JEAN-MARC BOILLOT ブルゴーニュ・ルージュ2001 でした。


ご案内

箸美人は、加護やにご来店いただいたお客様から、キラリと光る素敵な方を特集しています。
一期一会、幸せな出会いをお待ちしています。


店舗紹介
フォレスト
とう粋庵
和ごころ
おふく
Take-out
連載
TOPIX
Wedding
箸美人
ソムリエ
レシピ
仕事人
ワイナリー
徒然日記
Appendix
会社概要
採用情報
サイトマップ
facebook