うまいもの工房・加護や

www.kago-ya.com/hashi-bijin/vol14.shtml

箸美人
箸美人 Vol.13
箸美人 Vol.15

箸美人 Vol.14

発見、お箸の文化

食に対する美の探究として器(うつわ)や、盛り付けなどという要素があります。それに加え、私たちはお箸の文化に着目しました。当店に、お出でになったお客様から、素敵なお箸の使い手を、ご紹介いたします。

川澄千亜紀さん

「こだわりを形に」

とう酔庵は上田社長の「こだわり」が随所に感じられる、とても素敵なお店です。趣と懐かしさの中に斬新さが共存するたたずまい、品格のなかに気取らない柔らかさを感じるスタッフのみなさんの対応、そして地元の旬の素材を使ったお料理と素敵な器で季節感溢れる演出がなされ、居心地のいい至福の時を過ごす事が出来ます。夜はそんなお料理に合うワインや日本酒、焼酎を両手(?)についつい長居をしてしまいます。

上田社長の考え方は自分の仕事にとても影響しています。文化的生活の基本である「衣・食・住」に対するこだわりを持つ方がとても多くいらっしゃいます。私はひたちなかで小さなインテリアリフォーム・デザインオフィスを経営していますが、お客様の生活空間に欠かせないインテリア、水廻りに対する夢、希望、「ああしたい、こうしたい」を限りなく100%に近い形で叶えるため、女性スタッフが提案から現場の管理、完成まで一貫して行っております。これも私共の「こだわり」です。

そんな夢を叶えるお手伝いが出来る仕事に幸せを感じながら、またフラリと「とう酔庵」に行こうかな。そして「こだわりの仕事人」の上田社長を交えて同じ志を持つ仲間とグラス片手に「こだわり」についてゆっくり語りたいな…。

Water Works (ウォーターワークス)

ソムリエ・上田の一言

いつも元気で行動的、しかも満面の笑顔でよく笑う!ワインとピアノ(音楽全般)と美味しいものが大好き。インテリア、エクステリアのプランナーとして、毎日の仕事も楽しくて仕方がないみたいです。初めてお会いした時から、すごい輝くようなオーラを出しておられました。見た目の印象は、とてもエレガントでチャーミング。ついつい興味深々で、緊張しつつも話しかけてみると、ぐいぐいと彼女のほうから積極的に話を展開してくる。「やばい!話の展開は彼女のほうが優勢だ。」と、私は不安にビビリつつ、いつしか彼女は凛として、すでに凡人ではなさそうな気配を漂わせている。気がついた時には、すっかり心が囚われてしまい、彼女の波長の中に包まれているという、プロのサービスマンとしてはとても情けない「まずさ、やばさ!?」なのです。おかげさまで、あれから約二年、彼女のおぜん立てにより、時折一緒に楽しく遊ばせて(遊ばれて?)もらっています。

とにかく、遊びにも積極的で、お仲間もみんなで盛り上がることが大好き。誰かに誘われて、人知れずそっと参加しているなんて事はありえない。常に物事の中心人物なのです。カラオケでは、松田聖子が得意!必ず一度はマイクを持ったまま(歌いながら)部屋を出て行きます。そして、帰ってきたら、唖然とする仲間に、自ら握手のサービスをやってのける“つわもの”なのです。この類の罪のない信じられない行動!?が、彼女をますます魅力的に見せているのかもしれません。また、インテリアコーディネーター協会や異業種交流会にも所属されている関係で、東京研修にもよく出かけられますし、何気にビックな大物を、突然当店にお連れていただいたりもします。その辺で、彼女の交友関係の幅も見えてきますね。

これからも、楽しい時間の共有をさせてください。あなたと居ると、絶対起き得ないことが、思わず起きてしまうという、摩訶不思議でスリリングな体験が出来そうですから……。これからもよろしくお願い致します。

お召し上がり頂いた お料理とお飲物は、【お料理】かつおの酒盗とゴルゴンゾーラ和え / 秋刀魚のおさしみ / 手づくりとうふと揚げ湯葉のサラダ / フォアグラのソテー大根添え / 金目鯛の煮付け / 八郷軍鶏の炭火焼き / デザート盛り合わせ / 【お飲物】 / キリン生ビール ブラウマイスター / 白ワイン ルイス・パト マリアゴメス2005(ポルトガル) / 赤ワイン ミラマン・カベルネ・ソーヴィニヨン2006(チリ)


ご案内

箸美人は、加護やにご来店いただいたお客様から、キラリと光る素敵な方を特集しています。
一期一会、幸せな出会いをお待ちしています。


店舗紹介
フォレスト
とう粋庵
和ごころ
おふく
Take-out
連載
TOPIX
Wedding
箸美人
ソムリエ
レシピ
仕事人
ワイナリー
徒然日記
Appendix
会社概要
採用情報
サイトマップ
facebook