うまいもの工房・加護や

www.kago-ya.com/sommelier/vol19.shtml


ソムリエの独り言 Vol.19

ワインは文化だ!

和食とのマリアージュ

JACOB'S CREEK 『わ』2014 Australia

寿司や刺身など、新鮮な海の幸を使った和食とのマリアージュを求めて生まれたのが、このワイン『わ』です。120年以上の歴史を誇る老舗、銀座寿司幸本店四代目の杉山 衛氏とのオーストラリアのジェイコブスクリークがコラボレーションして作られました。

トップノーズは、ミントやシトラス、青リンゴの様な清々しい植物系の香り。タイミングによってはグレープフルーツ、柚子なども。色は、透明感のあるペールグリーン。穏やかな酸味が特徴的で、少し温度が上がってくると果実味がグンと増してきます。しかし、和食のために!という事なので、安心して家庭料理で楽しみたい一本ですね。白身魚や貝類のさしみとも相性が良いですし、ほんのり甘いさつま揚げなどを焼いてネギやショウガなどを添え、少し醤油をたらす程度で食べても、また格別に美味しいのではないかと。(ゴメンナサイ!想像です・・・是非、やってみて下さい。)

アフターに、ほんの少し白コショーのようなスパイシーさと、心地よい苦味があります。


銀座寿司幸 四代目 杉山衛氏

ところで、銀座寿司幸の四代目 杉山衛氏と言えば、業界では有名人。「伝統和食を守っているだけでは、のれんは守れない。」と、どんどん革新的な料理に挑戦し、創作料理を積極的に開発されています。そして、その創作料理もまた、時代を経て和食と呼ばれる様になる訳です。和食とワインのマリアージュも、遊びごころを持ってのぞむと、意外と楽しめます。

〜〜〜『伝統』を守るには、必ず『革新』が入らなければ伝統は廃れてしまう。〜〜〜

これは、着物や陶芸、絵画など、日本の伝統産業の世界で生きている人は必ず言う言葉です。料理の世界もまさに、そうだと思っています。変わっちゃいけないこと、変わらなければならないこと、よく見つめながら、現代の『和食』のあり方も求めていきたいものですね。


日本ソムリエ協会認定ソムリエ 有限会社プロダクツ一生 オーナー・ソムリエ 上田豊人

ご案内

「ソムリエの独り言」は、加護やのソムリエ & 利き酒師が、美味しいワインや日本酒、こぼれ話などをご紹介しています。


店舗紹介
フォレスト
とう粋庵
和ごころ
おふく
Take-out
連載
TOPIX
Wedding
箸美人
ソムリエ
レシピ
仕事人
ワイナリー
徒然日記
Appendix
会社概要
採用情報
サイトマップ
facebook