うまいもの工房・加護や

www.kago-ya.com/topix/vol025.shtml


高野正幹カルテット & featuring CHAKA

とう粋庵 2007 年 9 月 9 日

今回で三回目の高野正幹カルテットのジャズライブでした。毎回編成メンバーを若干変えたり、イベント内容や客層にあわせたステージ構成で私たちを楽しませてくれる、「サックス奏者 高野正幹」さんですが、今回は大阪の歌姫と呼ばれる「CHAKA」さんのヴォーカルを入れてのNICEな一日でした。

九月九日の「重陽の節句」という秋の香かおる日曜日(実は台風通過翌日で、とても蒸し暑い日でしたが……)、昼と夜の部の二部構成で企画を立てさせていただいたのですが、当初 夜の部のお申し込みばかりに集中し、昼の部が閑散とするのではと心配もしました。しかし、日頃近しくお付き合いさせていただいているお客様やお仲間の方の素晴らしい動員力で、両部とも超満員のうれしい悲鳴となりました。

「せっかく、とう粋庵さんが興そうとしている企画を何とか成功させてあげたい!」と、涙が出るほどうれしくなるようなことを言ってくれる人がいるなんて、今回ばかりは、本当に「人って支え合って生きているんだなぁ〜感謝!」と強く思いました。本当にありがとうございます。

特に今回のライブについてはヴォーカルが入る事を考慮して、カルテットとのサウンド・バランス調整のためPAを整えて臨みました。華やかさを盛り上げるための女性MCも起用して、うちなりに頑張ってみました。などなど、甲斐あっての演奏内容!チャカのヴォーカルと高野さんのサックスが絡む絡む!どちらの部も早くから、客席から歓声が飛んだり、踊る気持ちを抑えきれずに踊りだす人もあり!昼64名、夜78名が、お座敷で繰り広げられた和ジャズのまったり感に、暑く!熱く!酔いしれました。

二段重弁当(昼)や和食特別懐石(夜)、お飲物をお召しいただいた後のライブでしたので、上のまぶたと下のまぶたがあまりにも仲良くなってしまう方もいるかと案じましたが、その気配もなく、本当に皆さんが気持ちよく楽しまれていました。お座敷もぎっしりでしたので、ミュージシャンの方も気持ち良かったのではないかと思います。やはり、ガランとしていては、当然ミュージシャンのノリも悪くなりますからね。お客様のアルコールが進むにつれ、感情が表に出る。それを受け止めたミュージシャンがまた盛り上がっていく。そのキャッチボールがなんといってもライブの醍醐味であり、素晴らしい所です。アンコールは、CHAKAも大好きというスタンダード「My funny valentain」で締めくくりとなりました。次回は、年始早々に、越智順子さんが呼べればいいなあと思っています。お楽しみに!

今回のメンバー紹介 Vocal : CHAKA / Saxophone : 高野 正幹 / Piano : 田中 裕士 / Drums : 吉岡 大輔 / Base : 高梨 道生

第一部【MENU】 壱の重 刺身三点盛り(鮪、帆立、生蛸)あしらい、山葵 / 弐の重 銀鱈柚香焼き / 秋刀魚山椒煮 / 丸十レモン煮 / 秋茄子の天婦羅 / 太刀魚の南蛮漬け / いくらみぞれ和え / 食事 茨城県産こしひかり / 京都じゃこ山椒 / 味噌汁 / 香の物 / 甘味 バナナアイスクリーム、キャラメルチョコソース

第二部【MENU】 前菜 柿と車海老の白和え / いちじく胡麻クリーム掛け / 太刀魚南蛮漬け / 石川小芋衣かつぎ / 鰆柚香焼き / 蟹と三つ葉の出汁巻 / スモークサーモン手毬寿司 / 丸十レモン煮 / 海老真丈いが栗揚げ / 稲穂 / 刺身 五点盛り(鯛、鮪、生蛸、雲丹、生湯葉)あしらい、山葵 / 焼物 スズキのポワレ・秋野菜添え または、仏蘭西産鴨のロースト・秋茄子添え / 食事 栗おこわ、香の物 / 止椀 鱧の葛打ち 刻み松茸、もみじ麩、三つ葉 / 甘味 濃厚バニラアイスと季節のフルーツ


ご案内


店舗紹介
フォレスト
とう粋庵
和ごころ
おふく
Take-out
連載
TOPIX
Wedding
箸美人
ソムリエ
レシピ
仕事人
ワイナリー
徒然日記
Appendix
会社概要
採用情報
サイトマップ
facebook