うまいもの工房・加護や

www.kago-ya.com/topix/vol026.shtml


仲野亜紀子「晩餐 & JAZZ LIVE」

勝田きゃらん店 2008 年 3 月 5 日

勝田のお店での久々のイベント開催でした。思い起こせば、加護や創業の年に生まれた我が次男は、今春からもう中学生です。つまりは、オープンして間もなく13年目という節目を迎えようとしているわけです。早いものですね。確かに当時、ワイン会やら日本酒の会やら食通グルメの会など、頻繁に開催していたものです。やらなくなってしまったというより、やれなくなってしまったという方が事実に近いニュアンスですが……。

いろいろありましたが、ホント約10年ぶりのイベント?開会、冒頭に私が「勝田の皆様には、本当にごぶさたしております。」とあいさつすれば、お客様から「本当だよ!」って、ぼそっ!と愛のムチがさっそく飛んできました(もうしわけない……)。30名限定の貸切ライヴでしたが、うれしいことにお客様はオープン当時から加護やを支えてきてくださった方々ばかり。私としては、なかば同窓会気分でしたので、おのずとテンションは上がりました。

晩餐ライヴということで、お食事を召し上がっていただいた後から、ゆっくりとライヴタイムに……と思っていたのも束の間。フリードリンクでしたので、前菜やお刺身を召し上がりながら、ワインやシャンパンを飲まれていた方が多く、料理サーブのタイムスケジュールも急遽大変更とさせていただきました。そんな中でも、調理長梶山の料理説明にもしっかりと耳を傾けていただき、本当にお店思いのありがたいお客様ばかりでした。そのシーンをそばで見ていた私は、緊張しながらも一生懸命務めようとする梶山と、うなづきながらその説明をじっくり聞いていてくださるお客様のありがたさに妙に胸がジーンと熱くなっていました。

この日の仲野亜紀子さんのヴォーカルをJAZZYに支えてくれたのは、篠原和宏トリオでした。彼女は、スタンダードナンバーはもちろん、かなり幅広くレパートリーを持つことで有名です。水戸やひたちなか、県内ライヴハウスでの活躍ぶりは、よく御存知の方も多いことと思いますが、とにかくパワフル!東京や宇都宮まで、かなり広域的に行動されています。その元気の源はと問うと「よく食べ、よく寝ること」とシンプル!無類なジャズ好きのお父様の影響を受け、子供の頃よりジャズのリズムを体に刻んで育っただけに、学生時代はすでに後輩へのジャズヴォーカル指導をしていたという。私は、彼女の低音を利かせたソウルっぽい曲調のものやリズム&ブルースが好きだが、バラードでもボサノバ調でも、本当によくこなす。伸びやかな声も艶やかだし、サービス精神も旺盛だからお客様請けも抜群!結果的には、30分の2ステージを終えた後も、アンコール喝采。一曲の用意されたアンコール曲にとどまらず、リクエストにまで応えてもらってお客様も大満足のJAZZ NIGHTでした。

主な曲は以下のとおり
Killng me softly with his song / I't don't mean a thing / Take a A train / You don't know what love is / Saving all my love for you / Lover come back to me / I'm in a mood for me / Georgia on my mind / Over the rainbow / Imagine I will always love you
アンコール / You'd be so nice to came home to / Close to you


ご案内


店舗紹介
フォレスト
とう粋庵
和ごころ
おふく
Take-out
連載
TOPIX
Wedding
箸美人
ソムリエ
レシピ
仕事人
ワイナリー
徒然日記
Appendix
会社概要
採用情報
サイトマップ
facebook